menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

大人もいっしょに遊べる、くもんのパズル

パズルを解いている子どもに「これどうやるの~?」と聞かれたお母さん。
子ども向けのパズルだと思っていたら、これがなかなかの難しさ。
「あれっ、え~と、ちょっと待って…」。

パズルを解いている子どもに
「これどうやるの~?」と聞かれたお母さん。
子ども向けのパズルだと思っていたら、
これがなかなかの難しさ。
「あれっ、え~と、ちょっと待って…」。

今回、ご紹介する4つのパズルは、どれもステップがあがってくると大人でもそう簡単には解けない手ごわ~い問題ぞろいです。「あれっ、こうかな、ああかな」と大人が悩んでいるそばで、頭のやわらかい子どもがすっとできたりすることも。そんなパズルにチャレンジしてもらったのは、小学1年生のみさとちゃんとお母さん。親子で頭を使って奮闘する様子を動画でご覧ください!

今回チャレンジしたおもちゃ:
「空間パズル」

商品特長

個性的な7種類のピースを組み合わせて遊ぶ立体パズル。
立体図形を作ることで空間認識力を養います。最初は平面のパズルからスタートします。

詳細はこちら
\ 親子いっしょに「空間パズル」で遊んでもらいました!/

いっしょに遊べる!頭をフル回転!高度な思考力を養う!
難しいけどなぜかできるようになる!?そのひみつ。

(1)ステップ化されたプログラム

どのパズルも「こんなのかんたん♪」というやさしい問題からスタート。直感的に取り組め、解きながらパズルのルールを理解できます。また、問題は少しずつステップアップ。ひとつの問題をクリアすると、その解き方・考え方を応用したさらに複雑な問題へと進みます。このような無理のないステップアップをくり返すことで、少しずつ求められる思考力が複雑になり、自然に高度なレベルへと到達します。

(2)くり返しが思考力を深める

パズルは一度解いたら終わりではありません。同じパズルを解くのでも、前よりもスピードが速くなったり、違う解き方をしたりと、くり返す中で、お子さまの成長が見られます。

(3)手と脳を使って考える

木やプラスチックでできた多様な形のピースの数々。ときにはピースをくるくる回してみたり、ひっくり返したりして、実際の感触を味わいながら、手と脳を両方使って考えます。

大人の方もいっしょに!
KUMONスタッフが教える与え方・遊び方の秘訣

全国の百貨店や玩具店で開催される玩具のおためしイベント。
日々、イベントで親子に向き合っている営業部の担当者Hに、
遊び方の“ひけつ” を聞いてみました。

全国の百貨店や玩具店で開催される玩具のおためしイベント。日々、イベントで親子に向き合っている営業部の担当者Hに、遊び方の“ひけつ” を聞いてみました。

ひけつ1!

本当に行き詰ったときには、さりげなくアドバイス

お子さまといっしょにパズルで遊ぶときは、試行錯誤する様子を見守ってあげてください。見ていてもどかしくなるときもあるかもしれませんが、「こうかな、ああかな」と試すことや、「う~ん」と考えこむプロセスこそがお子さまの考える力を育みます。「そっちじゃないでしょ」、「これはここだよ」などと、すぐに答えを教えてしまうと、深く考える体験や自分の力でやりきってみようという意欲が損なわれてしまうこともあります。
でも、お子さまが本当に行き詰ったときには、「ここを見てごらん」「ひっくり返すとどうなるかな?」などと、さりげなくことばをかけてあげましょう。

ひけつ2!

最後のピースは必ず自分ではめさせる

パズルを完成させる最後のピースというのは強く印象に残ります。最後のピースは、お子さまが自分の手ではめこんで、「自分でできた!」と思えるようにサポートするのがコツです。最後のピースを意識するだけでお子さまの意欲がグッと増します。完成したときには、いっしょに喜んだり、ほめてあげましょう。

ひけつ3!

やめるタイミングが大事!

頭に汗をかく難しいパズルほど、やめ時がポイント。「もうちょっとやりたいな~」というくらいで終わると、「またやろう!」という次への意欲もわいてきます。「最後までやる!」というお子さまの気持ちはくんであげつつも、集中力が切れて、つかれきった脳で無理に続けないほうがよい場合もあります。無理して続ければ、意欲が燃えつきてしまってパッタリとやらなくなってしまうこともあるんです。「あと何分(何問)やったら終わりにする?」と自分で終わりかたを決めるように促したり、「復習に〇番のパズルをもう1回やったら終わりにしようか?」など、具体的な区切りを作ったりしてあげるとお子さまも気持ちの切りかえがしやすくなります。

■こちらもおすすめ

「スネークルン」

商品特長

へびのあたまからしっぽまでをつなげるパズル。先を見通しながら向きを考えてピースを置くことで推理力と判断力を養います。へびのイラストのかわいさにもこだわりました。

詳細はこちら

「L+Lパズル」

商品特長

L字形を2つ組み合わせた6種類のピースを決められた空間にしきつめるパズル。しきつめ方を考えることで、思考力や図形感覚を身につけることができます。

詳細はこちら

「スライディングパズル サッカー」

商品特長

ピースをスライドさせながらボールをゴールまで運ぶパズル。法則性を考えながら解くことで論理的思考力や判断力を養うことができます。

詳細はこちら