menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

なるほど!くもん出版

開発ストーリーや使い方など、意外と知られていない商品に関するお役立ち情報をお伝えします!
絵本・児童書

希望

2016/09/20 17:49

ゆず先生は忘れない。

2016年8月に刊行された『ゆず先生は忘れない』。物語は、阪神・淡路大震災から二十年がたったある日の教室でのできごとから始まります。

 

作者の白矢三恵さんは、現在、兵庫県神戸市の長田区に住んでいらっしゃいます。このお話は、ご自身の経験をもとにつくられました。

 

白矢さんから、今の神戸の様子について一文をお寄せいただきました。写真もご自身で撮影されたものです。

こんな取り組みも…

特に被害の大きかった新長田では、地元の商店街などが中心となって立ち上げられた「神戸鉄人プロジェクト」が、震災復興と地域活性化のシンボルとして鉄人28号をたてました。(写真左)

 

兵庫区松本通りでは、「火事のときに、消火用水があれば……」という住民の意見から、歩道を大きく設け、その中にせせらぎがつくられました。(写真右)

あれから20年…

阪神・淡路大震災から20年が経ちました。「やっと」という気持ちの方もおられるでしょうし、「まだまだ」とおっしゃる方もいらっしゃることと思います。でも、多くの方々に支えられ、神戸は希望を持ち続けています。

このカテゴリの他の記事

なるほど!くもん出版とは

ロングセラー商品ができるまでの開発ストーリー、担当者が語る商品への想い、使い方のコツやヒント、お客さまから寄せられたお声など、楽しく読め、お役に立てるような情報を発信していきます。

商品カテゴリー(KUMON TOY、幼児ドリル)だけでなく、「開発ストーリー」「お客さまの声」といったカテゴリーでも読むことができます。

なるほど!くもん出版 トップへ