menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

なるほど!くもん出版

開発ストーリーや使い方など、意外と知られていない商品に関するお役立ち情報をお伝えします!
その他

おもちゃのイベントをやっています!

2017/02/27 16:42

くもん出版の開発事業部では、おもちゃを実際に遊んで体感できるイベントを

全国で開催しています。

 

おもちゃのイベントについて、開発事業部の責任者に話をききました。

 

どこで、どんな内容で開催していますか?

土日、祝日を中心に、百貨店・専門店にくもん出版のスタッフがお伺いし、

くもんのおもちゃ(KUMON TOY)をお子さまに体験していただいています。

 

普段はパッケージで陳列されている商品ですが、直接見て・触って・遊んでいただくことで、

「遊びでそだてる 学びのちから」を実感してもらいたいと思っています。

 

スタッフがそばについていますので、商品について分からないことや

もっと知りたいことがあればお気軽にご質問ください。

 

ビッグ空間パズル!

頭だけでなく体も使って指定の形を完成させます

おすすめのイベントはありますか?

『空間パズル』というピースを組み合わせて立体を作るパズル商品があるのですが、

イベント用に大きくしてみました。

 

普段は指先を使って机の上で体験してもらうのですが、

このイベントでは、全身を使って立体を作り上げてもらいました。

 

時には、こういったイベントらしい取り組みもいいですね。

頭も体もフル回転で遊んでもらいました。

 

大きくなるといつもとちょっと勝手が違うので、

ヒントを出そうと思ったら、こちらが分からなくなってしまい、焦ったこともあります…。

 

「ビッグ空間パズルのイベントは、最近あまり開催していませんが、

また機会をみて実施して、子どもたちに遊んでもらいたいですね。

 

参加したお子さまの様子や保護者さまの反応は?

最初はおっかなびっくりで参加する小さいお子さまもいます。

こちらのイベント担当者がおじさんだったりするとごめんね~って思うこともあります。

でも、いったんパズルや絵あわせなどを始めると、真剣な表情に変わります。

 

集中してパズルのピースを1つひとつはめていき、ようやく完成したとき、

子どもたちは、とびきりの笑顔を見せてくれます!

長時間の立ち仕事も、この表情を見ると疲れはどこかへ吹っ飛びます。

 

すぐに「次もやる!」と自分から取り組み、だんだんと難易度もステップアップしていきます。

 

こうして、いつの間にか、初めてのことや、これまでできなかったこともクリアしていきます。

イベント参加の短い時間でも、お子さまの成長力・可能性を感じることが本当に多くあります。

 

難易度の高いパズルなどは、お子さまそっちのけでお父さんとお母さんが夢中になることも…。

 

売場の方からよくお聞きするのですが、イベントの翌日や翌週になって
「このあいだ遊んだおもちゃが楽しかったみたいです。まだ売っていますか?」と

再来店されるお客さまが本当に多いそうです。

 

昨年は270回ほどの店頭イベントを実施しましたが、
これからも子どもたちのとびきりの笑顔のために、長く続けていきたいですね。

 

※イベントの開催予定については、くもん出版までお問い合わせください。

このカテゴリの他の記事

なるほど!くもん出版とは

ロングセラー商品ができるまでの開発ストーリー、担当者が語る商品への想い、使い方のコツやヒント、お客さまから寄せられたお声など、楽しく読め、お役に立てるような情報を発信していきます。

商品カテゴリー(KUMON TOY、幼児ドリル)だけでなく、「開発ストーリー」「お客さまの声」といったカテゴリーでも読むことができます。

なるほど!くもん出版 トップへ なるほど!KUMON TOY なるほど!幼児ドリル