menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

読み物(物語)

建具職人の千太郎

建具職人の千太郎

作:岩崎京子

画:田代三善

定価:本体 1300円(税込1404円)

発売年月: 2009年 06月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774316505
商品コード:39140
NDC:913

判型:四六判縦
本体サイズ:縦18.8×横12.7×厚さ2.0cm
重量:332g
ページ数:208
対象:小学中学年から

建具屋に奉公に出されることになった少年、千太郎の成長物語

商品の説明

[あらすじ]
おらあぶきだ。のろまでよう。でも、ぶきだけんどぶきなりに、たんせいこめりゃいいんだ。江戸時代の終わりごろ――。千太郎は、わずか七歳で、奉公に出されることになった。奉公先は、鶴見村の建具屋「建喜」。まだ友だちと遊んでいたいさかりの、千太郎には、建具職人になろうだなんて気は、さらさらない。だが、先に奉公に来ていた姉、おこうにはげまされたり、建喜の職人たちとのふれあいのなかで、いつしか自分も、腕のよい建具職人になりたい、と思うようになる・・・。

ベストレビュー
7歳で奉公

2010年読書感想文コンクール高学年の部課題図書。 江戸時代の終わりごろの建具屋(家の戸などを作るところ)が舞台ですが、 主人公は7歳にして奉公に出された千太郎、 先に10歳で奉公始めた姉のおこうの様子も描かれますから、 子どもたちには共感してもらえそうですね。 どちらも奉公とはいっても、男女で仕事は全然違います。 おこうは、職人さんたちの仕事を垣間見ながらも、家事手伝いに働きどおしです。 千太郎も、幼いとは言っても、手厳しく仕事をしつけられます。 その中で二人は、出会う人々との関わりを通して、 しっかりと成長していきます。 それぞれの立場で、懸命に生きる姿に拍手を送りたい気分です。 また、職人技も随所に出てきますから、そのあたりもたくさんの知識が得られると思います。 木の香り、加工の音などがリアルで、光景がよくわかります。 家の一部分とはいえ、このような工程を経ている、と知ることで、 物作りの奥深さも体感できそうです。 大人の視点からすれば、まだ幼い子どもに属する千太郎やおこうに対する、 たくさんの登場人物の接し方に目が行ってしまいました。

このページのトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ