menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

読み物(物語)

ふうせんのはか

「こころ」をうたい続ける歌手・さだまさしが、はじめて書いた児童文学

立ち読みする立ち読みする

作:さだまさし

絵:東菜奈

定価:本体 952円(税込1,028円)

ベストレビュー
大人になってからの自分を支えてくれる思い出

 子どもの健気さ、純真さが、まっすぐに伝わってくる作品です。 気がつくと、自分もまた、子どものころに戻っていました。状況は違っても、誰もが子ども時代に1度は似たような感情を抱いたことがあるのではないかな?と思います。  私の中にも忘れられない感情が残っています。私の場合は、物語に出てくるきょうだいたちの「いとこ」の立場でしたが・・・。  子どもは子どもなりに、いろんなことを感じ、現実を受け止め、一生懸命に自分の立場でできることを考えながら、日々成長しているんだなあ、と改めて気づかされました。 そして、表面的な、さらさらっとした「しあわせ」だけでなく、ちょっぴり甘酸っぱいような、少しだけ胸が苦しくなるような、そんな思い出もまた、大人になってからの自分を支えてくれる大きな宝になるように思いました。

[あらすじ]
それは、なんともふしぎなながめだった。弟は、りょうほうのうでをくみ、ふうせん売りのおじさんのことを、にらみつけていた。そのかおは、それまで見たことがないくらい、こわいかおだった。このふんいきに、すっかりおそれおののいたぼくは、まったく、みうごきができなかった―。

発売年月: 1999年 08月
在庫状況: 品切れ中(重版未定です)

ISBN:9784774303420
商品コード:39081

判型:A5変型
本体サイズ:縦20.7×横15.5×厚さ1.5cm
重量:339g
ページ数:88
対象:小学中学年から

絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ
絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ