menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

読み物(知識・学習)

娘よ、ここが長崎です ―永井隆の遺児、茅乃の平和への祈り

娘よ、ここが長崎です ―永井隆の遺児、茅乃の平和への祈り

作:筒井茅乃

定価:本体 1300円(税込1404円)

発売年月: 2007年 07月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774312415
商品コード:39046

判型:A5判縦
本体サイズ:縦20.5×横15.3×厚さ1.8cm
重量:458g
ページ数:208
対象:小学高学年から

戦争の悲惨さ平和の尊さをわすれないために・・・

商品の説明

[内容紹介]
被ばくした長崎で、病をおして献身的に被爆者たちの救護に当たり、そののちも平和へ願いを訴え続けた永井隆博士。その遺児・茅乃は、そんな父の姿を見つめて成長し、母となって平和の尊さを語ります。

ベストレビュー
限りない愛情

絵本ナビで、原爆の本を検索していた時に伝記の『永井隆』の本に出会いました。 長崎原爆の前に白血病の告知を受け、原爆で被爆した中でも被爆者の医療にあたったという永井医師。 思うように動けなくなった頃からは、執筆という形で原爆のことを世のなかに伝えました。 永井医師の本をもっと読みたいと思って調べていたところ、永井さんの遺児・茅乃さんの本を見つけました。 伝記とは違い、父親としての永井隆像が浮かび上がります。 最も心に残ったエピソードとしては、茅乃さんの入学式におばではなく、兄である誠一さんを行かせたことです。 茅乃さんの母は原爆で亡くなって、永井さんは病床ということなので、おばさんがいくのは不自然ではないと思うのですが、親のない子として生きて行くことを、永井さんご自身は考えられていたようです。 娘さんの本からは、永井さんのその生き方に凛とした厳しさと限りない愛情を感じました。 戦争・原爆のこと、語り継ぐ大切さを思いました。

このページのトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ