menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

読み物(物語)

駅鈴

重大な知らせを伝える。それがわたしたち駅家(うまや)の仕事だ

立ち読みする立ち読みする

著:久保田香里

画:坂本ヒメミ

定価:本体 1,600円(税込1,728円)

[内容紹介]

現代のように、メールも電話もなかった奈良時代。
国家の一大事を伝えるために置かれたのが、主人公の小里が生まれ育った「駅家(うまや)」。
急を知らせる使者たちは、駅鈴(はゆまのすず)を鳴らし、駅家から小里たち駅子とともに馬を走らせ、重大な知らせを伝えました。

小里は、駅家の仕事を誇りに思い、祖父のような駅長(うまやのおさ)になることを夢見る13歳。
女がなれるわけがない、と周囲からいわれる中で、京(みやこ)から来た使者・井上若見(いのうえのわかみ)と出会います。
駅家で働きたいという小里を応援してくれるただ一人の存在・若見にやがて想いをかけるようになる小里。
しかし、駅家か若見か、決断を迫られる時がきて……。

戦、京うつり、地震……時代の波にもまれながら、小里が選んだ道とは……?
近江国(滋賀県)を舞台にした奈良時代の青春ストーリー!

発売年月: 2016年 07月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774325064
商品コード:34572
NDC:913

判型:四六判縦
本体サイズ:縦19.4×横13.5×厚さ2.8cm
重量:468g
ページ数:352
対象:小学高学年から

絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ
絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ