menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

読み物(物語)

ゆかいなことば つたえあいましょうがっこう てんのないにっき

ゆかいなことば つたえあいましょうがっこう てんのないにっき

作:宮下すずか

絵:市居みか

定価:本体 1000円(税込1080円)

発売年月: 2014年 12月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774323664
商品コード:34554
NDC:913

判型:A5変型
本体サイズ:縦21.7×横15.7×厚さ1.2cm
重量:285g
ページ数:64
対象:小学低学年から

「大サービスですいかがはんがく」。安いのはスイカ? イカ?

商品の説明

[あらすじ]
たぬきのツナくんは、日記を書きました。「・・・ぼくはえをプレゼントしようとおもって・・・」てん(、)をちゃんとつけないと、プレゼントしたのは「絵」なのか「ハエ」なのかわかりません。ツナくんは、つぎこそ気をつけて書こうとけっしんしたのですが・・・。

[内容紹介]
物語を楽しみながらことばへの興味をはぐくむ「つたえあいましょうがっこう」シリーズの第2巻です。

ベストレビュー
てんは重要

以前、同じ「ゆかいなことばつたえあいましょうがっこう」シリーズの第1弾『赤のはんたいは?』を娘と一緒に読んだことがあって、とても勉強になりました。こちらはその第2弾ということで、娘と一緒に読むのを楽しみにしていました。 今回は、あわてんぼうのたぬきツナくんが、読点を使わずに日記を書いてしまったことから、おはなしが始まります。、がない文章は読みにくいだけでなく、意味も違って伝わってしまうということが分かります。 1年生の娘も、よく点のない読みにくい文章を書くことがあるので、ちょうどいい内容だなと思いました。娘も気をつけるようになってほしいです。

このページのトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ