menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

読み物(知識・学習)

脳と運動のふしぎな関係 ―体で覚えるって、どういうこと??

脳と運動のふしぎな関係 ―体で覚えるって、どういうこと??

著:野崎大地

定価:本体 1400円(税込1512円)

発売年月: 2014年 03月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774322407
商品コード:34538

判型:A5判縦
本体サイズ:縦21.6×横15.4×厚さ1.3cm
重量:354g
ページ数:112
対象:小学高学年から

体を動かす脳のしくみや、運動と脳のふしぎな関係がようやく見えてきた!

商品の説明

[内容紹介]
「補助輪なしで自転車に乗れるよう、練習したのかな?」「そう。なんども転んだりしているうちに、なんとなく乗れるようになったよ」
「リコーダーが、じょうずに吹けるようになったね」「くりかえして練習していると、指が自然に動きはじめたんだ」
みなさんにもきっと、このような経験があることでしょう。ほんとうにそのとおりで、体を動かすときには、わたしたちが知らない間に、脳はずれを修正し、学習し、コントロールしていることがわかってきたのです・・・。

運動を科学的に調べる最新の研究でわかった体を動かす脳のしくみやふしぎや、子どもたちが興味しんしんの「運動の上達に役立つ研究の成果」をやさしく説明する科学読み物です。

[著者について]
東京大学大学院教育学研究科「身体教育学」コース教授。博士(教育学)。1967年徳島県生まれ。東京大学工学部卒業。同大大学院教育学研究科博士課程修了後、1988年から国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所研究員。2006年から現職。脳や脊髄(せきずい)の神経細胞、筋肉がかかわる人の身体運動の制御、学習のメカニズムを研究している。

このページのトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ