menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

創作絵本

ドングリ・ドングラ

ドングリ・ドングラ

作:コマヤスカン

定価:本体 1200円(税込1296円)

発売年月: 2015年 01月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774322667
商品コード:29429
NDC:913

判型:A4変型
本体サイズ:縦21.6×横29.3×厚さ0.8cm
重量:450g
ページ数:32
対象:幼児から

ドングリが、旅に出た!?

商品の説明

[あらすじ]
「ドーン!グラグラグラ」。海の向こうの島が、赤い火をふきました。それをみたトチノミたろうは、ドングリたちによびかけます。「ぼくらのたびをはじめよう!」と。すると、あっちの森からもこっちの森からも、数えきれないほどのドングリがあつまり、歌いながら進みはじめます。おそいかかるリスをはねのけ、雪山や砂の丘を越え、海を渡って、ついに、島にたどりついたとき、ドングリたちは・・・。

[内容紹介]
『新幹線のたび』のコマヤスカンさんの、渾身の新作! 何百ものドングリたちの、山あり谷ありの大冒険スペクタクル! その一心不乱な姿は、個性豊かでどこかユーモラス。見ているだけで、あっという間に時間がたってしまうほど、すみずみまで描きこまれています。

みどころ

ドーン グラグラグラグラ 海の向こうの島が、火をふきました。 ドングリたちが、いっせいに歌いだします。 「あかい ひを ふく あの しまへ、 とうとう たびだつ ときが きた。 さあ、いこう。ひの しまへ。 さあ、いこう。うみを こえて。 ドングリ、ドングラ、ドングリ、ドングラ~」 あっちの森からも、こっちの森からも、ドングリたちが集まってきて、声を上げ、歌い、次第に大きな隊列になって、海へ向かって歩き出します。 ドングリたちの長い長い旅の始まりです。 コナラ、カシ、クヌギ、シイ、カシワ、アベマキ、トチノミ、クリ、松ぼっくり。大きさも形も様々なドングリたち。種類ごとに揃えた装備は、槍や葉っぱの盾、旗、農具や楽器、手に持っているものも様々です。古代兵風、十字軍風に鼓笛隊風に原始人風・・?個性豊かで賑やかな隊列に理屈なしにワクワクしてしまいます。ドングリの殻斗(帽子)にちなんだ衣装のデザインや、隊列の中のドングリたちそれぞれのユーモラスな動きを眺めるだけでも楽しい! けれども旅は過酷です。リスと戦い、雪山を越え、砂漠を渡り、途中で仲間を失うこともあります。長い旅の果て、ドングリたちは「火の島」にたどりつけるのでしょうか。そして彼らの旅の目的は・・・? 懸命に目的地を目指して進む彼らの姿に、いつのまにか皆、ドングリ、ドングラ〜ガンバレ〜!と応援してしまうはず。そして読み終わると、心に小さな希望の種をもらったような何とも清清しい気持ちになります。 作者は「新幹線のたび」、「決戦!どうぶつ関ヶ原」(講談社)、「びっくりゆうえんち」(教育画劇)のコマヤスカンさん。 画面のすみずみまで細かく描き込まれた絵を楽しみながら、小さなドングリたちの冒険の世界にどっぷり漬かってみてください。

ベストレビュー
絵が素敵

うちの息子,どんぐり大好きです.秋には袋いっぱい集めて,いまだにそれを自転車のカゴに入れています.私は虫がわいたりとか心配なんですが,捨てちゃ嫌なんだそうです. この本の,人間の体がついたどんぐりたちを見て,まず面白がる息子でした.さまざまなハプニングを乗り越えつつ,遠くの島を目指して旅をするどんぐりたちのお話でした. お話も楽しいものでしたが,とにかく絵が素敵だな~と思いました.どんぐり目線で描かれたリスの場面や,春の草原の場面の絵は特に好きです. 息子はいろんなどんぐりの顔が出てくるので,それぞれ何の木のどんぐりなのかが気になるようでした.私も答えられないので,表紙裏とかにどのどんぐりが何の実なのか説明があれば,なお良かったなと思いました.

このページのトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ