menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

赤ちゃん絵本

さわさわ もみじ

もみじが風に乗り、色々な表情を見せてくれる様子を音と絵で切り取った絵本

立ち読みする立ち読みする

さく:ひがしなおこ

え:きうちたつろう

定価:本体 800円(税込864円)

みどころ

例えば「秋の公園」というと、どんな音が聞こえてくるのでしょう。 目をつぶって皆さんも想像してみてください。 さわん さわん さわさわさわさわさわ これは、風が吹いて金色やまっ赤に紅葉したもみじさんが、空に飛び出している音。 ぽとん ことん ぽとん ことん これは、大きな木からどんぐりくんがおっこちている音。 ひゅるるるるるる そのうち、冷たい風が吹いてきて… 「きせつのおでかけえほん」シリーズは、歌人・東直子さんと画家・木内達郎さんが言葉と絵で季節の風景を印象的に描き出していく作品です。お二人の感覚を通して、私たちはその季節の空気感を絵本の中で体感できるのです。 新作『さわさわ もみじ』では、美しく舞い散るもみじの葉っぱの音に耳を澄ませているうちに、地面に落ちてまた飛ばされていくもみじの姿を目で追っていくうちに、確かにそこには「風」の存在が浮かび上がってきます。冬へと向かっていく秋の風はひんやりとして、でも身体に心地よく吹きつけます。 少し切ない気持ちになる季節の秋。 でも、この絵本の中に登場するもみじやどんぐりの表情は、それはそれは楽しそう。 空高く飛び上がったり、誰かの顔にはりついてみたり、タイヤの陰にかくれんぼしてみたり。 この感覚を一番共有しているのは、きっと子どもたち。いつでも自由に走り回る子どもたちは風と仲良しですからね。 このシリーズの絵本を読むたびに、季節の楽しみ方を改めて思い出させてくれます。今すぐ、外の空気に触れたくなってきました。

ベストレビュー
秋の楽しみに!

4歳年少さんの娘を持つ親の私が読んでみました。 年を重ねるにつれ晩秋があまり好きではなくなってしまった私。 秋は過ごしやすい季節でもあるけれど,日が暮れるのも早いしこれから寒い冬に向かうと思うとどうも気持ちが下がってしまって。 でも,この絵本を読んで秋の楽しみを見たように感じました! 色とりどりに紅葉された紅葉が舞い散る様,素敵ですね。 そう,うちの娘も紅葉集めやどんぐり探し大好きです。 私のように晩秋を寂しく感じる大人の方にも(笑)おすすめの絵本です。

[内容紹介]
さわんさわん、さわさわさわ、ひゅるるるるるる。色とりどりのもみじが風に乗り、いろいろな表情を見せてくれます。秋の一日、野山を訪れたくなる絵本です。
アメリカ・Society of Illustrators2009年書籍部門で銀賞を受賞した『あめ ぽぽぽ』、『ほわほわ さくら』に続く、歌人・東直子氏とイラストレーター・木内達郎氏による、きせつのおでかけえほんシリーズ、秋の絵本です。

発売年月: 2013年 09月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774321783
商品コード:29414

判型:B5変型
本体サイズ:縦18.7×横18.7×厚さ0.8cm
重量:235g
ページ数:24
対象:0・1・2歳

絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ
絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ