menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

創作絵本

おひさん

おひさん

作:高部晴市

定価:本体 1200円(税込1296円)

発売年月: 2012年 02月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774320403
商品コード:29393
NDC:913

判型:A4変型
本体サイズ:縦26.6×横21.6×厚さ0.9cm
重量:420g
ページ数:32
対象:幼児から

おひさんが、村にやってきた!

商品の説明

[あらすじ]
風太のいる村に、ある日、おひさんが やってきました。村人たちがあんまり楽しそうなので、いっしょに遊びたくなったのです。おどろく村人たちでしたが、かくれんぼをしたり、宴会をしたり、温泉に入ったりと、おひさんと楽しくすごします。ところが、空からゆきがチラホラ。おひさんが空にいないので、寒い寒い冬がきてしまい・・・・・・。

[内容紹介]
人気絵本作家・高部晴市さんのナンセンス絵本です。

みどころ

朝一番。風太がいつも通り、おひさんにむかって手を合わせていると、そのおひさんがこっちに向かってズンドコやってきたから大変!なんでも村人たちがいつも楽しそうだから、一緒に遊んでみたくて降りてきたそうな。 おひさんは、もちろん熱くて大きすぎるのですが、驚く村人たちと一緒になんだかんだとかくれんぼをしたり、温泉に入ったりと楽しく過ごすのです。 「そんなバカな!!」という気持ちは、読者も村人たちも一緒。でも、おひさんが満喫してるみたいだからいっか・・・そんな気にもさせられてしまうのです。 いつも頭の上から見守ってくれている頼りの「おひさん」が、もしこんなお茶目で魅力的なキャラクターだったら・・・考えたこともなかった出来事が起きているのが、この絵本の一番の面白さかもしれませんね。 高部晴一さんの、味わいのある絵とお話の世界にどっぷりはまってみてください。

ベストレビュー
おひさんがやってきた

風太は村で一番の早起きです。今朝もおひさんに向かって、手を合わせます。 「きょうもいちにちおねげえします。」 すると、どうしたことか、そのおひさんが、近づいてくるではありませんか。風太の村がえらく楽しそうだから、一緒に楽しいことをしたいというありえない申し出があったのです。 でもおひさんは、子どもたちといっしょにかくれんぼをします。洗たくをします。お酒も飲みます。お風呂に入ります。うまくいったり、大変なことになったりしますが、村の人たちとなんだかいい関係になっているところが微笑ましいと思いました。

このページのトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ