menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

学習絵本

ことばのえほん ぴよぴよ

詩人・谷川俊太郎×デザイナー・堀内誠一のことばえほん

立ち読みする立ち読みする

作:谷川俊太郎

絵:堀内誠一

定価:本体 1,000円(税込1,080円)

みどころ

 「ことばのえほん」シリーズ1冊目『ぴよぴよ』は、“ぴよぴよ”から始まり“しゅばしゅば”“とぷん”“きいいっ”など、擬音だけで場面が進んでいきます。  これ以上ないくらいのシンプルな谷川さんの言葉に、カラフルで愛らしい堀内さんの絵がかぶさって、読んでみれば小さなひよこの冒険物語となっています。更に声に出して読むと、言葉の一つ一つが生き生きと響いてきて、「ああ、これは音の絵本なんだな」と体感してしまうのです。  谷川俊太郎さんと堀内誠一さん、二人の天才がこの作品を生み出したのは何と1972年!最新作として手に取った方も多いのではないでしょうか。30年以上経っても全く鮮度を失わない堀内さんの絵のセンスに脱帽ですよね。  一方で、『もこ もこもこ』『ことばあそびうた』など、谷川さんの多くのことば遊びの絵本でその楽しさを経験しているであろう今のお母さんや子ども達にとっては『ぴよぴよ』の楽しみ方もお手のもの?きっと自然に受け入れられていくはずです。そういう意味でもこの幻の絵本の復刊は嬉しいばかりですよね!

ベストレビュー
一目惚れしたオノマトペ絵本!

カラフルでかわいらしい表紙が目にとまり、中身を見てその完成度の高さに一目惚れ。オノマトペのみの絵本なのに、ひよこの冒険というストーリーになっている!そして何より絵がいい!この色彩感覚とタッチ、とても好みです。 いい絵本を見つけたと、嬉しくって思わずニンマリしてしまいました。 ぴよぴよ 卵が割れるところから物語ははじまります。 ひよこはひとりで散歩に出ます。 道中に出会う動物や、物や、人の出す音の響きが楽しい! 例えば… めええ しゅばしゅばしゅばしゅば ごくんごくん がしゃん! きいいっ ぴよぴよ など。 よくよく見れば、谷川俊太郎さんと堀内誠一さんのコンビなのですね。 モダンで新鮮なのに、なんと1972年の作品なんだとか。びっくりしました。 表紙をひらくと、ひらがな表があるのですが、「は行」が「はぴよぴよ」になっていて笑えました。こういう細かい演出大好きです! 0~3歳ぐらいのお子さんが一番楽しめるかな? 我が家の子供達にも好評でした。 ぜひ読んでみてください。

[内容紹介]
しゅばしゅばしゅば、とぷん、きいいっなど、オノマトペだけでつづるひよこの冒険物語。
詩人・谷川俊太郎とデザイナー・堀内誠一が、幼児と言葉の関わりを真摯にとらえて作った絵本です。シンプルで選びぬかれた文章を、親子で声に出して読んでみてください。いきいきとした絵とともに、イマジネーションがどんどんふくらみます。
※本書は1972年にひかりのくに社より刊行された「ことばのえほん1 ぴよぴよ」を一部修正し、復刊しました。

発売年月: 2009年 06月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774316239
商品コード:29342
NDC:726

判型:A4変型
本体サイズ:縦29.7×横21.0×厚さ0.8cm
ページ数:24
対象:乳幼児から

絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ
絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ