menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

どうぶつふしぎ発見

アリクイの口のなぞが、ついにとけた!

アリクイの口のなぞが、ついにとけた!

文:山本省三

絵:喜多村武

監修:遠藤秀紀

定価:本体 1400円(税込1512円)

発売年月: 2009年 02月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774315973
商品コード:29321
NDC:480

判型:A4変型
本体サイズ:縦28.7×横19.5×厚さ1.0cm
重量:411g
ページ数:40
対象:小学低学年から

解剖学者の遠藤秀紀さんが解く、アリクイの口の謎

商品の説明

体長の半分もある長ーい舌、長ーい顔にふさふさのしっぽ…ユニークな体をした南米の珍獣オオアリクイ。名前の通り、アリを食べるほにゅう動物だ。そんなオオアリクイの口には、歯が一本もない。さらにその口は、わずかにしか開かない。「あごの骨や筋肉もあるのに、なぜだろう?」と、その解明に挑戦したのが遠藤さんだ。アリクイの口の謎とは!?
遠藤さんは、自分の目で動物の体を実際に確かめながら、体の謎や進化のひみつを解き明かしていく解剖学者だ。遠藤さんの研究をわかりやすく描き、科学の「新しいことを知る」おもしろさを紹介するシリーズです。

ベストレビュー
たからさがしの旅!

人間のあご、代表的な哺乳類のあご、そして、アリクイの特殊なあご! 骨の形や、しくみ、面白いです。 内容も面白いのですが、この本を監修された動物学者の遠藤さんの探究心には、ただただ感心するばかりでした。 こどもの頃の時計の分解に始まり、大きくなるにつれ、興味は動物へ。 「知りたい!」と思う気持ちプラス、「解明してやる!」という行動力。 それが、人の心を動かし、この本へと繋がっている。 すごいなぁ…と思いました。 知れば知るほど、もっと知りたくなる! “たからさがしの旅” 好奇心と探究心を刺激する、すてきな言葉です!

このページのトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ