menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

どうぶつふしぎ発見

ペンギンの体に、飛ぶしくみを見つけた!

ペンギンの体に、飛ぶしくみを見つけた!

文:山本省三

絵:喜多村武

監修:遠藤秀紀

定価:本体 1400円(税込1512円)

発売年月: 2009年 01月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774315737
商品コード:29319
NDC:480

判型:A4変型
本体サイズ:縦28.7×横19.5×厚さ1.0cm
重量:411g
ページ数:40
対象:小学低学年から

解剖学者の遠藤秀紀さんが解く、ペンギンの体の謎

商品の説明

[内容紹介]
動物園の人気者、ペンギン。よちよちと歩く姿が愛らしい。じつは、ペンギンは背骨を曲げることができない。そのひみつは、鳥が“飛ぶ”ための体のしくみにかくされている、と遠藤さんは言う。はたして、ペンギンと“飛ぶ”ことは、どうつながるのだろうか?
遠藤さんは、自分の目で動物の体を実際に確かめながら、体の謎や進化のひみつを解き明かしていく解剖学者だ。遠藤さんの研究をわかりやすく描き、科学の「新しいことを知る」おもしろさを紹介する科学絵本です。

ベストレビュー
アデリーペンギンについて

5歳の子供が幼稚園でペンギンの劇をするのでペンギンの絵本を読んでいます。この絵本はもっと簡単かと思いきや、うちの5歳の子供には難しかったです。11歳の子供のほうが興味を持って聞いてました。この本はアデリーペンギンの生態が載っている。今まで読んできた絵本ではコウテイペンギンが多く、子供が話していたペンギンのお父さんがたまごを温めている周りには石で囲われていると話していた絵がこの絵本で初めて見れました。この絵本は鳥の進化からはじまるので鳥の祖先が恐竜にそっくりとか背骨についてとか載ってます。一番子供が興味を持ったのはペンギンの胃について。私もあれほど大きいとは思いませんでした。

このページのトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ