menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

創作絵本

したのどうぶつえん

したのどうぶつえん

作:あきびんご

定価:本体 1200円(税込1296円)

発売年月: 2008年 05月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774313962
商品コード:29292
NDC:910

判型:A4変型
本体サイズ:縦26.7×横21.7×厚さ0.9cm
重量:424g
ページ数:32
対象:幼児から

ことば遊びの面白さとユニークな動物たちの姿が楽しい、ことば遊び絵本

商品の説明

[あらすじ]
ある日、上野動物園に行こうとしたぼくは、動物園前駅から下におりる階段をみつけます。階段を下っていくと、そこには“したのどうぶつえん”があったのです。驚いたぼくが、したのどうぶつえんに入っていくと、そこにはふしぎなどうぶつがたくさんいて・・・・・・。

[内容紹介]
りんごりら、れいぞうこぞう、きりんご、わらいおん、かばなな、もしもしかもしか。「うえのどうぶつえんにいったけど、したのどうぶつえんはどこにあるの?」という素朴な疑問をきっかけに作られたナンセンスな動物園。声にだして読むだけで、思わずププッと吹きだしてしまう、だじゃれどうぶつの数々。「ことばが豊かな子どもはだじゃれが得意である」という作者の考えをもとに作られた新感覚のことばあそび絵本です。第14回日本絵本賞受賞作品。

みどころ

みんな大好き動物園。 中でも人気の動物園、「上野動物園」は行ったことある? じゃあ、「したのどうぶつえん」は? なんでも、動物園前駅の、下におりる階段を降りていくとあるらしい・・・。 もうそれだけで、好奇心がうずいちゃっているあなた。 中はもっとスゴイ事になってますよ。 いきなり出迎えてくれるのは「のこぎりん」や「きりんご」。 続いて「ぞうきんぞう」「「わらいおん」。え、だじゃれ? 一言で言ってしまえばそうなんですが。 その、ばかばかしくも、仰々しくもある、 迫力ある動物達のその姿を見ない事には、この面白さは伝わらないでしょう! 一度「したの」ワールドにはまってしまったら、 その笑いはもう、最後までノンストップ。 お土産まで買って、「あー面白かった。」 明日も、また行こう。そんな動物園です。 作者は東京芸大日本画卒、という辺りも気になりますね。

ベストレビュー
したの!?

いやー、これは面白い!! だじゃれは言葉遊びの基本ですよね!! 言葉遊びの絵本といえば、早川純子さんの「はやくちこぶた 」、齋藤孝さんの「おっと合点承知之助」、あきやまただし さんの「へんしんトンネル」等へんしんシリーズが思い浮か びますが、そういうのが好きな我が家の子供には、この作品 もいいんじゃないかな?と読み始めたところ、うえの動物園 じゃなくて、したの動物園って所から期待が高まり、 最初の「くまくるま」「とらとらっく」で子供達は → ニヤニヤ 「のこぎりん」「きりんご」で → 顔を見合わせてニヤニヤ 「ぞうきんぞう」「ぞうがめ」ときて「ぞうじき」で → 爆笑! 「わらいおん」「くらいおん」ときて「らいろん」で → みんなで大爆笑! そこからも次々出てくる動物達を堪能しました。 電気を消した後、皆で「こあらいおん」「とらっぱ」など、 いろんな動物を考えながら寝るのが、また楽しいですよ。 お気に入りの場面 娘:おしろこぐま 息子:かばなな 僕:らいろん

このページのトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ