menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

翻訳絵本

岸辺のふたり

岸辺のふたり

作・絵:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

訳:うちだややこ

定価:本体 1300円(税込1404円)

発売年月: 2003年 03月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774306537
商品コード:29159

判型:A4変型
本体サイズ:縦20.2×横26.9×厚さ0.9cm
重量:400g
ページ数:32
対象:小学中学年から

ある少女の一生を印象的に描いたオランダの映像作品を絵本化しました

商品の説明

[あらすじ]
少女は、父が帰ってくるのを、じっと待っています。年月がたっても父は帰ってきませんでした。
それでも、少女の人生はながれていき・・・・・・。

[内容紹介]
シンプルで美しい画面で綴る娘と父親の物語。愛する人との別れの越え、自分の人生を歩んでゆく娘の姿が静かに強く心を打ちます。2001年アメリカアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したオランダの映像作品を絵本化。うちだややこ氏の日本語訳が作品世界と調和しています。

ベストレビュー
娘の中の父親

象徴的で読み取りの難しい絵本。 何度か投げ出してしまいましたが、繰り返し眺めているうちに、少女の父親に寄せる思いがひしひしと伝わってきました。 少女は父親の死を、帰ってこない旅立ちとして岸辺で見送ったイメージで心に刻みました。 父親が去って一人ぼっちになった自分。 父親への思いは、年月を経ても変わりません。 少女が結婚し、子どもが生まれ、そして年老いて一人になった時、また少女は岸辺を訪れ、父が漕いで去っていったボートの中で、父親に包まれるようにして眠るのです。 自分の生涯と死との対峙。 父親への思いにつつまれながら、岸辺はとても厳粛な場所としてイメージされました。 大人向けでかなりドライな作品です。

このページのトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ